千葉での葬儀費用の実態

葬儀費用の格差にはずいぶん悩まされましたが、実際のところは良心的な葬儀社かどうかで費用の適正度合いが決まります。

ネットにある格安・追加料金なしという告知には惑わされないようにしましょう。

◇「格安で14万8000円、追加費用ナシ」というのは火葬式でした。

葬儀屋の業界も過当競争の時代に入っています。

高齢化や成人病の悪化などで亡くなる人が増え、そこに商機を睨んで新規参入の葬儀屋が増加したことによります。

格安とか追加費用ナシという業者が目立つのは、こうした状況を勝ち抜くための題目であって、フタをあけてみれば実態は違ったというトラブルは日常茶飯事です。

千葉県山武市にある実家の葬儀でそれがはっきりとわかりました。

当家の場合は「一式追加費用ナシで60万円」という葬儀費用の触れ込みでしたが、最終的には100万円近い費用が必要となりました。

ネットにあった「格安で14万8000円、追加費用ナシ」も、火葬場直行の火葬式のこと。

結局は格安でなく、ごく一般的な葬儀費用でした。

◇良心的な葬儀社は詳細な見積もりがあって、説明もしっかりしている。

後から千葉に住む同郷の知人に聞いてわかりましたが、その千葉の知人の葬儀屋は、見積もりに書かれた明細がとても細かく、説明にもすごく時間をかけていたと言います。

これは良心的な葬儀屋選びの基本であるはずなのに、自分の実家となったときには、家族任せであったこともあり、すっかり忘れていました。

反省するしかありません。

◎こういったサイトをもっと見ておけばよかったです…>http://www.twelve71.com/

◇結局のところは、「その他一式」など、不透明な見積もりを受け付けない毅然とした態度が大切。

葬儀社任せでは高額になります。

宣伝文句は格安でも、最終的にはいろいろ付け加えられ理由をつけられ、ごく一般的な費用に収まります。

「葬儀費用に格差はない」というのはそういう意味です。

「その他一式」など、不透明な見積もりは絶対に受け付けないようにしましょう。

毅然とした態度を貫くこと、相見積もりで競合させることも大事。

1社だけの葬儀屋任せでは高額になります。