メインイメージ

ピンクのランドセルを選んだ娘

最近のランドセルはパステル系などの色の種類も多く、背負い心地のいい商品に改良されていますね。

私は遅い時期に結婚して不妊治療の末、女の子を授かりました。

未熟児で生まれたこともあり、子供の健康には人1倍気を使っています。

その子も今年で小学3年生。

ピンク色が大好きで小学校に入学する時は、ランドセルもピンクでなければイヤだと主張したものです。

私が小学生の頃はランドセルといえば女子は赤、男子は黒とあまり色の種類もありませんでした。

私は体が小さかったので、ランドセルに教科書や文房具を入れて持って歩くのがとても重く感じたものです。

最近では、体に負担がかからず、重さも感じにくい背負いやすい仕様のランドセルが多いですね。

肩ベルトの面が肩のラインとぴったりフィットして、背中との間に隙間ができないようになっているので、垂直に背負うことができるというのです。

垂直に背負うことができれば、重さをそれほど感じないということだそうです。

また、成長期の子供にとって背骨に負担がかからないような工夫もみられます。

私が子供の頃は、走っているとよく左右にずれていたりすることがありました。

機能的に改善されているだけでなく、デザインもかわいらしいものが多く、時代はかわったものだとつくづく思います。