千葉暮らしの叔父のために寺院で葬儀を挙げる

寺院で葬儀を挙げるという遺族は、葬儀件数全体のどれくらいを占めるのでしょうか。

千葉に暮らす叔父の葬儀で、そのようなプランがあることを知りました。

実態はどうなのでしょうか。

◇お布施料金や戒名で9万円・10万円。では葬儀の総費用はいくら?

千葉で暮らしていた叔父が他界して葬儀ということになりました。

信心深い人だったので、檀家ではないけれども「どこかの寺院で葬儀を挙げてやれたらそれでもいい」ということになりました。

▼「自分はこんな葬式をしてもらいたい」と思っている人はCheck!⇒【URL:http://www.yomiuri.co.jp/komachi/special/feature/CO022131/20160323-OYT8T50040.html

それで、急きょネットでいろいろ調べてみましたが、お布施料金や戒名で9万円・10万円という表記のサイトがあり、戒名でそれだけの費用がかかるなら、葬儀の総費用は一体いくらかかるのかと心配になりました。

◇葬儀社の仕事はお布施や戒名代とは別。

檀家ではない家族には辛い出費。

調べてみてわかりましたが、お布施や戒名と葬儀社の仕事とはまったく別で、やはり葬儀の一式を葬儀社に依頼すると120万円程度はかかることがわかりました。

元々が檀家で、自分のお寺さんがある人なら住職との相談もできるでしょうが、代々のお寺をもたない家族・遺族には辛い出費です。

戒名などのほか僧侶の交通費までを一切含めると、140万円にはなると思います。

◇葬儀の総費用を考えると軽く140万円は突破しそうです。

近くの寺院に直接交渉したほうが後々のトラブルも防げるのではないでしょうか。

寺院と葬儀社とはどうあっても別々に費用がかかりますが、葬儀社にお寺の手配までを依頼すると、その段階でマージンが加算され割高になります。

直接交渉すれば葬儀社の手数料はなく、おそらく檀家でなくても快く引き受けてもらえます。

Comments are closed.